志木市商工会青年部ロゴ HOMEWhat's New事業所案内MEMBERS
志木市商工会青年部インパルスマーク
 SEARCH  WEB shiki-impulse
平成17年度事業報告
 広報誌『まいど!!青年部です。』市内小学校へ配布 平成18年3月20日(月) 担当:部員向上室

私たち志木市商工会青年部では年に1回、その年度の活動報告をするために広報誌を発行しています。名前は『まいど!!青年部です。』(旧『飛翔』)です。今年度は夏に小学生を対象に開催した「どろんこ運動会」の報告と、地域活性化活動の一環として取り組んだ「地域の頑固オヤジ」事業のアピールを目的として、なんとマンガ仕立ての広報誌を製作、市内の小学校に配布を依頼しました。

この『まいど!!青年部です。』は、市内の公共機関や金融機関に設置もいたしますので、ぜひご覧ください。また、web版も製作しました。こちらをクリックしてご覧ください。[宮下] ◆写真提供:ニュータイムス社◆

 


 3月例会「成果発表・卒業式・次年度へ向けての発信(17年度から18年度へ)」 平成18年3月18日(土) 担当:スタッフ

17年度の集大成とも言える例会が3月18日(土)19時00分より志木市民会館パルシティにおいて行われました。当日は卒業生も含む現役部員過去最大の56名が集まり、正に本年度の熱さが形になりました。更に歴代部長やOBもお招きし、盛大に開催されました。例会は、[1]青年部活動の中心を担った委員長・室長の一年間の成果発表、[2]卒業生の送り出し、[3]次年度抱負の3部構成です。みんなそれぞれがこみ上げてくるモノを堪えながら熱い思いを語り合い、改めて「青年部LOVE」を実感したのではないでしょうか。そんな思いにさせてくれる、とても素晴らしい例会でした。[後藤]

    


 第一ブロック部員交流事業 平成18年2月25日

平成18年2月25日、第一ブロック部員交流委員会主催親睦事業「ボウリング大会」が、アイビーボール北本で開催されました。第一ブロックとは、志木市・朝霞市・和光市・新座市・戸田市・鳩ケ谷市・桶川市・鴻巣市・吹上町・伊奈町、そして北本市の11単会で構成されてます。志木からは宮田部長をはじめ7名の方が出席しました。

今回は親睦事業という事でボウリングをやりましたが、志木のメンバーはというと、久しぶりにボウリングをやったということもあって、スコアが伸びず悩んでるメンバーもいました。結果は団体賞はないものの、個人賞は荒川特別の「飛び賞」のみでした・・・。あっ、そうそうブロック長賞というのがあり私花本が頂きました。中身は○○DVDでした^^。続けて懇親会をガーデン・オオツカで行いました。ボウリングをしているときはあまり他単会の方とは話せなかったのですが、お酒が入るとみんな打ち溶けてたくさんの単会の方と交流できました。[花本実]

 


 2月例会「気づき・学び・成長〜創造して築こうビジネスチャンス」 平成18年2月23日 担当:ビジネスチャンス創造委員会

ビジネスチャンス委員会の2回目の例会であり、本年度委員会担当の最後の例会が、フォーシーズンズ志木ふれあいプラザにて開催されました。ビジネスチャンス創造委員会の年間テーマでもある「気づき・学び・成長」を今例会でもメインテーマに掲げ、異業種団体としての商工会青年部の可能性を考える例会となりました。

第1部では、同委員会による5月例会での参加者アンケートの分析、そして異業種とのコラボレーションについての成功事例を研究・発表を行いました。担当委員会渾身の研究発表でした。第2部では、3-4人の少人数で異業種コラボレーションを探るシミュレーションを行い、各チームごとにプレゼンテーションしました。納得のコラボ有り、爆笑の珍コラボ有りと、さまざまなコラボレーションの可能性を実感しました。


 県外新年会&研修会@湯沢 平成18年1月29・30日 担当:親睦委員会

2年に1度の県外新年会が新潟県湯沢グランドホテルで開催されました。親睦を図ることで部員同士のつながりを強固にし、今後の青年部運営、そして地域発展の基盤を築くことがこの事業のねらいです。

約30名の参加者の多くはチャーターバスにて湯沢を目指しました。車中、抜かりなく研修会を実施。近隣他地域の青年部の活動を参考にしながら現在の我々に欠けているもの、今後取り組むべきものについて考えました。現地到着後、街へ繰り出すチーム、ひと風呂あびてマッサージのチームとそれぞれ自由時間を過ごし、いよいよお待ちかねの宴会です。雪国ならではの「つららロック」なるシロモノが登場するわ、仮装大会が始まるわと、担当の親睦委員会が練りに練った演出の数々で楽しい時間は二次会、三次会へと続きました(担当の皆さん、お疲れ様です)。[宮下]


1月例会「こどもたちへ地域の大人ができること〜青年部員頑固オヤジ化計画」
平成18年1月26日(木) 担当:地域の宝創造委員会

今時代に求められる「頑固オヤジ」ってどんなだろう?青年部員が活気ある街づくりに働きかける何かがあるはず!! みんなで熱い議論をしましょう!!と担当の地域の宝創造委員会の西川委員長の掛け声の下、「地域のオヤジ」である我々青年部員が集結しました。

前半は同委員会が担当として昨年8月に開催された「どろんこ運動会」について再検証し、これを切り口に地域のこどもたちへ我々が出来ることについての可能性をさぐる研究発表をおこないました。

後半は年代別にグループ分けをし、「過去と現在の生活環境等の違い」、「地域のオヤジとして個々に出来ること」、「青年部としてのアクション」について話し合い、発表をおこないました。[宮下]


平成17年度志木市商工会青年部臨時総会@ふれあいプラザ 平成17年12月13日(火)

年の瀬せまる12月13日にふれあいプラザにて、臨時総会がおこなわれました。議案は次年度部長、常任委員、の承認についてです。スムーズな議事進行の結果、第20代部長として柏木恭一君(有限会社スマイル)が承認され、次年度への抱負と熱い思いを語りました。[宮下]


県南四市合同講習会@新座市商工会館 平成17年11月29日(火)

第1ブロック内の四市(志木・朝霞・和光・新座)合同講習会が今年度も開催されました。今回は新座市が主管となり、ズームイン朝!などで知られる読売新聞編集委員の橋本五郎氏を講師に迎え、「これからの日本経済と経営者としての心構え」というテーマにてご講演いただきました。[宮下]

 


11月例会「青年部大作戦〜未来の事業計画をシミュレートしよう〜」 平成17年11月22日(火)担当:部員向上室

平成17年11月22日、部員向上室担当よる「青年部大作戦」がいろは遊学館にて開催されました。グループディスカッション形式で7・8人が一組となり、各グループで青年部の年間テーマ、委員会編成、例会計画を立てるといった内容です。

今回の例会では、「一人一人の想いを大切にして、皆で青年部を作っていこう!」ということを目的としました。実際に例会中、参加者の皆さんが、受身の姿勢ではなく、自分だったらこうするという積極性を持ち、斬新かつ個性的な意見を発言発信してくれたことにより、実りのある例会となりました。これをキッカケに、これからの青年部の更なる進化と発展を期待したいと思います。[関根]


志木市民まつり(第24回商工まつり・第33回産業祭) 平成17年11月12日(土)・13日(日)

快晴の秋晴れのもと、志木市商工会最大のイベントである商工まつりが、産業祭と合同で「志木市民まつり」として、志木市役所駐車場にて開催されました。(詳細はこちらの特集ページをご覧ください)

   


10月例会「スポーツの秋、食欲の秋、芸術の秋〜秋だ!!野外で遊ぼう」 平成17年10月30日(日)担当:親睦委員会

「奥様、ちびっ子感謝デー」の家族親睦事業第2弾が、親睦委員会担当で賑々しく開催されました。場所はさいたま市の秋ヶ瀬公園。実施直前まであらゆるメディアを駆使しての担当委員会による「お誘い攻勢」に、嫌が応でも期待が高まる中、親睦委員会のメンバーはきっちり応えてくれました。

事業名どおり、スポーツ(サッカー大会)、食欲(バーベキュー)、芸術(クラフト)と、どれも大好評で看板に偽りなし。しり上がりに天候も良くなっていき、宮田部長のお天気不敗神話更新のおまけ付。独身部員、家族連れ部員総勢107名が秋空の下、親睦を深めました。

「パパ明日も来ようね」というちびっこの声が、この事業の楽しさをすべて表しています。ご協力いただきました講師の方々、ありがとうございました。[宮下]


8月例会「どろんこ運動会」 平成17年8月21日(日) 担当:地域の宝創造委員会

志木市内の小学生を対象に、地域の宝創造委員会担当による8月オープン例会「どろんこ運動会」を秋ケ瀬の志木市総合運動場で開催しました。「どきどき水風船キャッチ」「S字綱引き」「グランドボーリング」「ニアピンゴルフゲーム」「ごろごろキャタピラ競争」「どじょうつかみ」のゲームを用意し、当日は約90人の子供達に参加いただき、盛大に行われました。特に「どじょうつかみ」ではほとんどの子供が文字通りどろだらけになり、楽しんでくれました。
日ごろ体験できないことや遊びを通じて僕ら青年部員と郷土の子供たちとの交流の場にすべく企画された当例会でしたが、子供達の楽しそうな笑顔のおかげで、青年部員もとても充実した一日になりました(…と思います)。[後藤]

当日ご参加いただいた子供、およびご父兄の皆様へ
 
今回初の試みだった「どろんこ運動会」いかがでしたでしょうか?ぜひ、ご意見ご感想をこちらへお聞かせください。


彩フェスティバル@彩夏祭 平成17年8月7日(日)

(社)朝霞青年会議所主催による「彩フェスティバル」が、朝霞市の一大イベント彩夏祭において同時開催され、我が志木市商工会青年部も参加させていただきました。[宮下]

 


7月例会 ゼロから始める。自分から始める。 平成17年7月27日(水) 担当:商工まつり準備室

商工祭準備室担当による7月例会「ゼロから始める。自分から始める〜地域活性化、チャンス到来!〜」がいろは遊学館にて開催されました。
準備室メンバーによるレポートとして「商工まつりの過去の検証」についてを花本チームが、ビデオによるインタビューを中心に発表し、「他地域先進事例」についてを村田チームが、パワーポイントを使った発表を行ないました。
引き続き、秩父市みやのかわ商店街振興組合 理事長の島田憲一氏による講演が行われました。
1987年から毎月1回、休むことなく開催されているみやのかわナイトバザールの誕生にまつわる講演は、一言で言いあらわせない程感動的でした。ナイトバザールという大事業の歴史を肌で感じることができました。事例も大変参考になったと思います。
参加者の皆さん、商工祭準備室スタッフのみなさん、お疲れ様でした。[近藤]

    


 第1ブロック第37回野球大会[2日目] 平成17年7月9日(土)

野球大会準決勝および決勝の模様は、プレイングマネージャーでもある宮田部長の部長日記より抜粋させていただきます───

今日は第一ブロックの野球大会に参加して参りました。
準決勝は北本市商工会と戦いました。結果は9対8で劇的なサヨナラ逆転勝ちをおさめ見事決勝に進出。そして決勝戦を鴻巣市商工会青年部との戦いになりました。結果は残念ですが9対4で負けました。しかし、9人の選手での戦いと松野君が一人で13回も投げ続けて頂き、本当に感謝しています。(中略)
野球の試合をこなしていくうちに、素人集団(西川委員長・大村専務・木下直前)の人たちが大きく試合を通し、進化していました。木下直前などはいくつもアウトを取っていました。準決勝では西川委員長がサヨナラを演出。大村専務はクリーンヒットや守備での活躍もありました。結果負けはしましたが、私たちには大きな財産(思い出)が出来ました。
敢闘賞には松野君が選ばたこともご報告しておきます。[宮田泰彦]

    


 6月例会「コーチングを学ぶ〜リーダーとしてのスキルを飛躍的に高める〜」@いろは遊学館 担当:部員向上室

[第1部 コーチングってなんだ? 6月23日]

「キャッチボール」と「ドッチボール」皆様はどちらでリーダ−シップを図りますか?
平成17年6月23日(木)いろは遊学館におきまして、潟Rーチトゥエンティーワン副社長の桜井一紀氏を講師に「コーチングを学ぶ」〜リーダーとしてのスキルを飛躍的に高める〜と題した6月例会が開催されました。2部構成の前段となる今回は、道具を使った講演と参加者各々のディスカッションを織り交ぜながら、コーチングとはを基本に、時の状況や相手の立場に立つ事などの大切さなどを学ばせていただきました。組織のリーダーである我々は深くうなずかされ、きずきの多い例会となりました。[大村相基]

[第2部 ロールプレイで習得しよう! 7月6日]

第1部でコーチングの基礎を学んだ上で臨む第2部は実践研修です。ロールプレイとは、与えられた役割になりきり、役割上の立場に立って考え、問題解決を図る学習手法です。
「今週末、何か美味しい物を食べるとしたら何がいい?」という質問から始まり、効果的な質問を繰り返しそれに答えさせることで、相手がどうしてもそれを食べたくなるような気分にさせる。これは相手の内面にあるモチベーションを高める質問のスキルのトレーニングです。このようなロールプレイを相手を代えながら繰り返しおこない、コーチングについてのスキルを学びました。[宮下]

    


 第1ブロック第37回野球大会[1日目] 平成17年7月2日(土)

【速報】7月2日(土)伊奈町町制記念公園グラウンドにて行なわれた県青連第1ブロック野球大会1日目において、我が志木市ナインは、第1試合対戸田市9-2、第2試合対鳩ヶ谷市12-0と勝利し、準決勝に駒を進めました。準決勝(対北本戦)および決勝は7月9日(土)同球場にて行なわれます。昨年の雪辱をぜひ果たしましょう。[宮下]

   


 第14回第1ブロック主張大会並びに部員大会 平成17年6月19日(日)

平成17年6月19日(日)北本市文化センターにおいて、第14回第1ブロック主張大会並びに部員大会が開催されました。我が志木市は代表選手として宇治野帆二君が出場し、「青年部活動に参加して〜青年部の未来のために〜」をテーマに10分間の主張を行ない、第1ブロック10市町(新座は病欠、残念!)の選手中、見事優秀賞を獲得しました。次回県大会は8月8日(月)さいたま市内で開催される予定です。引き続き応援お願いします![宮下]

   


 5月例会「気づき・学び・成長〜ビジネスチャンスへの第一歩〜」@フォーシーズンズ志木
平成17年5月19日(木) 担当:ビジネスチャンス創造委員会

5月19日(木)ビジネスチャンス創造委員会の5月例会がフォーシーズンズ志木にてとり行われました。講師にwellsprng代表 武井一嘉氏をお招きし「気づき・学び・成長 〜ビジネスチャンスへの第一歩〜」というテーマでご講演を頂きました。内容と致しまして前半の講義では「失敗は、うまくいかないやり方を発見できたという学びである」など「学び方、信念・価値観の違い」について解りやすくご説明頂きました。後半では実際に全部員が「変化と学習のレベル」のエクササイズをラーニング0〜Vまで体験致しました。みなさんが多くの気づきを得、ご自分のビジネスや人間関係において物事を考える物差しを持つことができたと思います。また最後に開会宣言から閉会宣言まで緊張感の溢れる素晴らしい例会でした。[志村 智]

    


 平成17年度志木市商工会青年部通常総会@志木市民会館パルシティ 平成17年4月16日(土) 担当:スタッフ

[総会]

平成17年度の通常総会が上記の通り開催されました。青年部宣言・誓いの言葉の後に、いよいよ新部長挨拶として宮田泰彦部長が所信表明を行ない、「初めに思い立った願望や志をくじけずに最後まで貫き通すこと」と初志貫徹の想いを力強く語りました。議事では荒川特別常任委員が議長を務め、平成16年度事業報告ならびに決算の承認、平成17年度事業計画ならびに予算案が可決されました。
その後ご臨席いただきました関根商工会会長代理、穂坂志木市長、長沼県議の皆様方にご挨拶を頂戴いたしました。[宮下]

    

[懇親会]青年部通常総会の懇親会盛り上がる!
通常総会終了後、午後8時より市民会館パルシティ2階で懇親会が開かれました。参加した青年部員は30人。
穂坂市長はじめ来賓の方も21人出席され盛大裡に行われました。宮田部長、関根商工会長代理の挨拶に続き、古賀女性部長の乾杯の音頭により宴が開始され、市長や長沼県議ならびに3単会の各部長の皆様とも大いに懇親が深められた模様。また、青年部卒業生4人からの卒業挨拶では、今までの活動を振り返りつつ、少々名残惜しいとの感想が述べられました。宮田部長から卒業証書と直筆文字入り皿の記念品が卒業生へ贈呈されました。
最後に、直前部長・木下武三君が「これから家族との時間がもてるので、家庭を省みたい」と挨拶すると会場は更に沸き、終始和やかで青年部らしい懇親会となりました。卒業生の諸先輩方へ感謝!本当にお疲れ様でした。[岩下隆]

   


 親睦事業「お花見」@村山快哉堂 なかすの林 平成17年4月3日(日) 担当:親睦委員会

親睦委員会担当による「お花見」が村山快哉堂(なかすの林)にて行われました。悪天候の予報をくつがえす快晴の中、総勢82名のご参加をいただき、ありがとうございました。楽しい歓談・お食事・お子様参加型のゲームなどもあり、日頃負担をかけている部員の家族に良いねぎらいができました。親睦委員会の皆様お疲れ様でした。[近藤]

    


 さくらフェスティバル@志木市役所駐車場 平成17年3月27日(日)

毎年恒例、市主催のさくらフェスティバルに今年も出店させていただきました。出店部門で会場を盛り立てると同時に、我が青年部の活動資金を捻出することが目的です。さくらの開花はまだまだこれからでしたが、絶好のお天気に恵まれ会場はたくさんのお客様でにぎわいました。
青年部ブースは「彩の坊」の従業員の方が助っ人に加わり(店主は青年部員の清水君)、イベント終了前には準備した商材は完売となりました。ご来店の皆様、有難うございました。[宮下]

  

  Copyright2003-2006 志木市商工会青年部. All rights reserved.
志木インパルスロゴ
志木市商工会青年部事務局
埼玉県志木市本町1-6-30/PHONE 048(471)0049/FAX 048(471)0057